HOME > 理念・コンセプト

保育理念

さいわい保育園は、保護者の方と保育園がともに力を合わせて子育てすることを大切に考え、ご家庭との連携を重視するとともに、子どもたちが自らの「育ち」や「学び」を実感できる保育を目指します。そのために、子どもの成長・発達を理解し、子どもの心に寄り添った言葉かけ・働きかけができるよう、保育者自身が常に保育の質の向上に努めます。

保育目標

 意欲と思いやりのある健康な子ども
  1. くつろいだ雰囲気の中で、情緒を安定させ、心身の調和的な発達を図る。
  2. 養護のゆきとどいた環境の中で、健康、安全など日常生活に必要な基本的生活習慣や態度を養う。
  3. 健康で質の高い生活を送る基本としての「食を営む力」の育成に向け、その基礎を培う。
  4. 人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、協調などの態度を養う。
  5. 自然や社会事象に対する興味や関心を育てる。
  6. 日常生活に必要なことばを豊かに正しく身につける。
  7. さまざまな体験を通して、創造性の芽生えを培う。
  8. 生活の中で、豊かな感性を育て、思考力の基礎と道徳性の芽生えを培う。


    乳幼児の子ども達にとって遊びは学びそのものです。自分で考えようとしたり、「知りたい」という探究心を育てたり、友達との交わりの中で人間関係のかかわりを学ぶことが大切です。また自然体験や生活体験を通して生きる力を育てていきます。

    生活リズムを大切に

    早寝・早起き・朝ごはん・排便にご家庭と連携して取り組んでいます。

    <乳児期>
    保育士との温かな信頼関係の中で、子どもの欲求を受け止め、人に対する信頼感を育みます。家庭と連携しながら食事、排泄、睡眠など一日の生活リズムを整え、基本的生活習慣が身につくようにします。


    <幼児期>
    子ども同士の多様な関わりが生まれるように異年齢児保育、また必要に応じて年齢別保育をバランスよく取り入れ、集団生活の中で社会性を育みます。園外活動を通して自然体験をする中で五感を育て、考える力や感性を育みます。